So-net無料ブログ作成
検索選択

【ありがとう】広島大学『Peace Hands』のこと。 [広島]

P3193141.JPG
       撮影:2011年3月19日(土)原爆ドーム(広島県)


3月の広島行きに続き、
4月23日(土)から26日(火)まで広島にいました。

2ヶ月連続で、広島に行ったのは人生初めてのこと。

広島を知る。
その後の一歩が踏み出せない。

いつもそうでした。

イラクを知ると一歩が踏み出せるのに。
沖縄を知ると一歩が踏み出せるのに。

広島を知ると身動きが取れない自分がいつもいました。
そして『動けない自分』は今でもここにいます。

イラクや沖縄はひとりの日本人として向き合えるのに、
『核兵器廃絶』は全人類のテーマとして自分の前に大きな壁となってしまう感覚。

今年2回の広島訪問の目的は、
『引継ぎ』、そして『伝えること』を実践されている広島の方々にお会いすること。

まずは『広島ジャーナリスト』編集長、asaさん。
★asaさんのソネブロ:http://yuuhikairou.blog.so-net.ne.jp/

そして、広島大学のサークル、『Peace Hands』のスタッフと、
交流会に参加された学生のみなさんにお会いすること。
Peace Hands HP: http://peacehands-hiroshima-u.jimdo.com/

今日は、4月25日(月)にasaさんと一緒にお伺いした、
『Peace Hands』主催の交流会に参加させて頂いて、
私個人が感じたことを少しお話しさせて頂きたいと思います。

今回、証言をして下さったのは、黒賀良則さん。
23日(土)に出会ったおばあちゃん同様、
黒賀さんも東京大空襲も経験して、その後広島で被爆されました。

peace hands Apr 25th.jpg
              写真:2011年4月25日(月)の交流会

被曝体験は何度お聞きしてもその大きさが変わることが御座いません。
『痛み』『悲しみ』と言う言葉、それだけでは表現できないので、
『大きさ』と言う言葉を使わせて頂きました。

25日(月)の晩、ホテルに戻り、ひとり思ったこと。

それは、『語りたい』と思う被爆者の方々に出会う確率より、
『引き継ぎたい』と思う学生さんに出会う確率の方が低いのでは?と。

当日、気が付いたら、学生の方々に私は言ってました。

『ありがとう』

それは、今でも本心だったと思っています。

『何か一緒に出来れば』と言ってくれた広島大学の学生のみなさんに。
心からの『ありがとう』を。


広島ピアノは下記HPで視聴できます。
広島ピアノ : http://www.myspace.com/hiropiano/music


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。