So-net無料ブログ作成

この東京の空の下で。 [雑記]

P8081547.JPG


『どう?最近?』

そう聞かれると、ここ10年以上、必ずこう答える様にしています。
『元気ですよ~!』

もしくは、最低でもこう答えます。
『ぼちぼちやってますよ~。』

どんなにしんどくても、つらいことがあっても。
そう答える習慣が私にはあります。
習慣、と言うか、昔、自分の心に決めた約束事でしょうか。

何故?
理由は私の親友の人生の中にあります。

同い年の彼女とは90年代に入ってすぐに出会って以来、
今でもお互いが『人生の戦友』の様な存在でいます。
当時は2人とも20歳前後でした。

そんな彼女の人生を変えたのが、1995年の阪神・淡路大震災。

当時母親と2人暮らしだった彼女は2階で寝ていて、
1階で寝ていた母親は家が倒壊し亡くなりました。
自分の身代わりになった、と彼女はいまだに罪を感じています。

震災後しばらくして、そんな彼女が、突然LAに行くと言い出しました。
貯金をしていたのは、長年の夢だったメイクの学校に入るためだ、と。

一般的には、安定した職業につきながら、結婚も視野に入れる年代。
風当たりも強かったことだと思います。
ただでさえパワーがいる選択。
震災で母を亡くした彼女が選ぶ道としては、少し驚きました。

あれからもう10年以上経つのでしょうか。
彼女は今ではLAでメイクアップアーティストとして活躍、
時々、夢だったハリウッドからお仕事も頂いている様子。
そして、6~7年前には仕事で出会った現地のカメラマンと結婚、
子供はいないですが、幸せな生活を送っています。

そんな彼女から、今でも年に1~2回、
『つらい』『神戸に戻りたい』
とメールが届きます。

1995年のこと、そして母親のこと、そして自分がひとりぼっちであること。
それらが彼女の頭の中で浮かび、そして心の痛みに変わる。
そんな夜がたくさんあるのだと思います。

3月11日、東北で発生した地震後、彼女は言いました。

『物資はいつか届く』
『街もいつか復興する』
『でも、心は元に戻らない』

私の身近に彼女の様な存在がいる。
彼女が頑張っているのに、私は『つらい』なんて言葉は使えない。
自分の心の中に刻んだ約束事は、こうやって生まれました。

そんな私は、明日からも『元気ですよ』と笑っているんだと思います。

この東京の空の下で。
nice!(92)  コメント(16)  トラックバック(0) 

nice! 92

コメント 16

kjisland

でも、心は元に戻らない
重い言葉ですね。誰も
彼女の心を元に戻す事は
できない。ただ、彼女自身を
除いて。
時間がかかっても、自分自身が
新しく動いていくしかないんで
しょうね。決して忘れる事はない
にしても、いっときは忘れるくらい
動くしかないんでしょうね。

さて、東京もいよいよ、放射能物質が
降っていた事が明るみにでてきました。これまで、ひた隠しにしていた
無責任な政府は糾弾されて然るべき
でしょう?
by kjisland (2011-03-24 01:12) 

小坊主つばめ

時が傷を癒す・・って僕には信じられません。
辛い事、悲しかった事・・僕にもいっぱいあります。
忘れられないですし、今でも泣きます。

ただ、僕の痛みを知ってくれている人がいることが、救いになってます。

広島ピアノさんとご友人が繋がっている事が、すごく素敵だと感じました。
by 小坊主つばめ (2011-03-24 02:16) 

よしあき・ギャラリー

みんな、明日を夢見て、歯をくいしばって生きているのですね。
by よしあき・ギャラリー (2011-03-24 05:50) 

Rinko

心は戻らない。
全てのことにおいて、言えるこの言葉。
ズシンと来ます。

彼女がアメリカに飛び立った気持ち、少しだけ分かる気がします。
そうしないと、きっと自分自身を見失いそうだったのかも。
それでもずっと抱えて行く心の傷。
それに寄り添えることのできる広島ピアノさんの様なお友達を持てて、良かった。って私が思っちゃいました。


by Rinko (2011-03-24 07:26) 

orange

人は悲しみの数だけやさしくなれる。
どこかで聞いた言葉ですが。
心の空白は戻りません。
それを埋めようと多くの人が努力していますね。
それを支える人も必要ですね。
でも支える人もいつも万全とは限らない。
"しんどい"時は、"あ〜もうダメ!しんどいよぉ"と叫んでもよい
のではないでしょうか。するとまた悲しみを知る人が共感し、寄り添ってくれるかもしれません。
助けを期待するのではなく、自分を表現するという意味で苦しみ叫ぶのはけして悪いことではありませんから。
by orange (2011-03-24 10:39) 

tomomame

心は元に戻らない。…今の私には響く一言です。
今回の地震でも被害も少なく済み、
お友達程の辛い体験ではありませんが。

平時に楽しくお付き合いしていた方でも、あれ以来
心の底が垣間見えて、あぁ…と心が冷えていくような言葉もあり、
本音と建前がチラチラと見えることがあります。

帰りたい…気持ちを吐き出せるのは、
強い信頼感がある関係だからこそですね。
by tomomame (2011-03-24 10:52) 

rtfk

元に戻すことはできなくても
ほんの少し癒すことくらいは
できるかもしれないと思って
微力ですが無力ではないと
続けていこうと思っています
by rtfk (2011-03-24 13:09) 

hatumi30331

人の人生で、忘れ去るなんてことは・・なかなか出来ません。
どんなに辛いことでも・・・・それを抱えながら、乗り越えられる人もいれば・・・・立ち止まったままの人も・・・
無理に進めなくても、進んだと思ったらまた後戻り・・・・
それでも、生きてることに必ず意味があると思っています。
私は、悩んでいる人たちの声を聞く仕事・・・・
様々な人生を聴いています。聴きながら、泣いてしまうこともありますが・・・そんな中から、必ず、悩んでいる人自身が、自分で気付く瞬間に出会うような聴き方をします。 言葉は多くいらないです。話してもらうことです。 広島ピアノさんは、いいお友達を持ちましたね〜。お互いに辛いことを言いあえるんでしょう? なかなかいないんですよ・・・そう言う関係の友だちは・・・・・
私も、いつでも、聴ける体制を保つために・・・自分を持ち上げる努力はしています。 だから、ポディティブに、楽しいことを探して、いつもウケたいのです。(笑)笑顔が見たいから・・・・
自分の気持ちに正直なのは・・・すごく良いことです!
しんどいときは、叫びましょう〜!
嬉しいときも・・・叫びましょう〜〜!
心の声が聞こえたら、キャッチしてあげたいね。受け止めるだけでいいんですよ。  助け合える仲間は・・・頼りになります!

by hatumi30331 (2011-03-24 14:11) 

駅員3

素晴らしい戦友がいらっしゃるんですね!
人は、ささえあって生きていくもの、辛い過去に蓋をするのではなく、それにしっかり向き合って、乗り越えていく必要があることが重要であることに、あらためて感じました。
by 駅員3 (2011-03-24 17:13) 

スマイル

広ピ こんばんは
朝出勤直前に読ませていただきました。
でもそんな短時間でのコメントは、無理だと思い、今改めて
訪問させていただいています。
>自分の心の中に刻んだ約束事は、こうやって生まれました。
わかったよ~広ピが「つらい」ことをバネにして、それをエネルギーに
変えられる理由が・・・

>『でも、心は元に戻らない』
最後に声を聴いたのは、前日の夜だったかもしれない~
朝地震に襲われたときかもしれない~
どちらにしろ近い過去には温もりがあり、笑い声があり、
安らぎがあった。それが予告なしに一度に無くなってしまったら・・
そう、心は戻らないでしょうね☆

私の姉は震災ではありませんが、急に倒れて、最後の言葉を一言も
発することなく天に召されました。
狐につままれたような、何が起きているのか、それに気が付くのに
かなりの時間を必要としました。
後に残ったのは、後悔ばかりでした。

しかし彼女には、広ピという素敵な戦友がいてくれる。
それだけでも救いになると思います。
そして広ピは、彼女のつらさを思い、常に前を向ける自分を獲得し
さらに心を強くしてる。
命の輝きをお互いに支え合ってる感じですね~

広ピのこと、また一つわかりました。
広ピの優しさや強さ、そしてチャレンジ精神など等
大きなバネですね~この出来事と出会いは・・・・




by スマイル (2011-03-24 20:47) 

馬爺

皆さんお変わりありませんか?
災害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。
こちら静岡県(東部)も最近は停電が最小限に成り各ブロックが一回位に成りました。
せめてブログ位復活させてもいいかなと思いボチボチの更新を再開したいと思います、
また皆様よろしくお願いいたします。
「この文面はコピー&ペーストにて皆様の所へお伺いして居ります。」
by 馬爺 (2011-03-25 09:19) 

Dandelion

傷が深すぎると、時が心を癒す事は難しいですね。
もし、癒されたとしても、傷跡は残りますね・・・
傷跡を見て、発作的に頭を抱え発狂したくなり、涙を流す・・・
悪くも無いのに、自分を責める・・・

傷を持ち、生きていく人々は、それと同等の希望を見つける必要が
あります。
そして、それと同等の人の暖かさ・・・
その中の一つ・・・『元気ですよ』・・・暖かいです。

by Dandelion (2011-03-25 13:00) 

レイリー

なんという重い言葉。。。
自分には想像も付かない絶望感からの復帰。
スゴイです・・・
頑張らねばなりませんね。
by レイリー (2011-03-25 15:38) 

bandura

今回の災害で私の同僚のお子さんが亡くなりました。18歳、これから世に出て活躍を期待されていたところでした。その子の弟さんを担任したことがあるのですが、きっと心にあいた大きな穴は埋まることがないことでしょう。
心は元に戻りませんが、残された我々はその子の分も精一杯生きることが大切なんだと思います。
by bandura (2011-03-25 16:39) 

gonntan

私にできる事は
このブログを
もっとたくさんの方にも読んでいただきたいので
リンクさせていただくこと。
それでも、よろしいでしょうか?
by gonntan (2011-03-25 16:42) 

つなみ

そうだったのですネ・・。泣いてしまいました。
・・・・その時空に、シャッターが押され、胸に刻まれ、
そして心がそのときのまま、凍ってしまうのですよネ。
お母様を亡くされて、どんなにご自分の無力感に苛まれ
お悩まれたことかと、お察しして余りあります・・。
このままお強くあれ、と願います。
ただ、お強く生きていかれることと、ご自分に優しく生きることは
違うものに見えても、同じものだと思うから。
きっといつか。いつか、きっと。
広島ピアノさん、これからも、杖となられて差し上げてくださいネ・・。
私も応援いたします。
by つなみ (2011-03-28 11:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。