So-net無料ブログ作成
検索選択

1959年の今日、ジェット機が小学校に飛び込んだ。 [宮森小学校]

P8081593.JPG

1959年6月30日午前10時40分頃、沖縄
アメリカの戦闘機が操縦不能になり、宮森小学校の2年生の教室を直撃。
米軍のパイロットはパラシュートで脱出、一命を取り留めましたが、
負傷者は210人、11人の小学生を含む17名が亡くなりました。

北朝鮮の脅威。
威嚇する中国
それらに対する在沖米軍の抑止力。

外交問題を議論する際、『どこを出発点にするのか』がとても大切だと感じています。

それぞれの想い。
それぞれの理由。
それぞれの場所。

今後、戦争が起こり、もしかしたら日本もいつか巻き込まれるかも知れません。
選挙権を持った責任ある大人が戦争の犠牲になるのは仕方がないことだと思います。

『主権在民』
主権を手にしている私たち大人は交戦と非戦を選べます。

しかし、無抵抗な子供が戦争の犠牲になるのは絶対に許せないです。

今日この日だけでも多くの人が『宮森小学校』を出発点にして、
『戦争』、そして『沖縄』と『米軍基地』について話をする、
そんな世の中になればと、願ってます。

今日も最後まで読んで頂き、有難う御座いました。

広島ピアノは下記HPで視聴できます。
広島ピアノ : http://www.myspace.com/hiropiano
nice!(97)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 97

コメント 14

Rinko

51年前です。
本当に悲しい事件です。
私は普天間・嘉手納から離れた地域の小中学校に通っていましたが、それでも飛行路と言うこともあり、爆音で授業が度々中断されました。
沖縄ならどこでも起こりうる恐怖です。
51年前のこの日のことを思うと、人ごとではない恐怖を感じ、胸の締め付けられる思いがします。


by Rinko (2010-06-30 07:32) 

cjlewis

だから生きる意味なんて考えなくていい。いま生きていることのほうが大事!頑張っていることのほうが大事!

と、今、ハマコ―先生がTwitterでつぶやいていました。
考えてみたら、都合のいいように「意味」をこじつけてる大人、
多過ぎですよね。
子どもを産み育て、子孫を残していくこと、
その子孫たちが幸せに暮らし、
人類が永遠にこの世に存在できるような世界を残すこと、
それが、今私たちが生きている意味だと思います。
それだけです。
そこから考えると、「戦争」がいかに無意味であるだけでなく、
人類を自滅に追い込むものだということが見えてくると思うんです。
そういうことに早いうちから自分で気づくような教育をしてほしいですね。

by cjlewis (2010-06-30 12:08) 

MIKE

全く仰せの通りで、歴史始まって以来、
戦争による一番の犠牲者は子供達:
「やってイイorワルイ」戦争など
はなからありえないですね。
by MIKE (2010-06-30 13:29) 

くまら

極東もそうですが、アフリカ・中東・南米など
数多くの地域で、子供たちが犠牲になっています。
大人の都合で始めた戦争によって
巻き添えにあう子供たちの事を考えると、
胸が痛くなります。
by くまら (2010-06-30 15:25) 

hatumi30331

戦争は、最大の人権侵害です。
形あるモノだけじゃなく、人の心まで壊してしまいます。

しんどい事は考えまい、イヤな事は見ないふり・・・
それでは、何もかわらないです。

もっと話しあい、議論しましょう!
それには、子どもの頃から、自分の意見を持つ事です。
学校や家庭での教育環境は大切です。
ちゃんと自立した大人に育てるのが子育ての最終章だと思います。
未来の日本を背負う子どもたちにも、輝く将来が待ってるよ〜〜って言いたいし、未来に夢が持てる世の中に、日本になって欲しいと思っています。 私たち大人の責任は重いです。
by hatumi30331 (2010-06-30 15:42) 

nano

まったく酷い話です
こうしてハッキリと「(基地を)作る場所が間違ってる」と
証明されてるのに、利権だけを追ってますね
by nano (2010-06-30 16:07) 

スマイル

こんばんは
そんなことがあったんですね~この6月30日に
まずは、これから未来のあるこどもたちの経たれた命に対して
心からのご冥福をお祈りいたします。
しかしなんたることでしょう
自分は助かり、いたいげなこどもたちを犠牲にしてしまうなんて。
私も断固許せません。
基地は、人を国を守る為にと銘打っているのでは~
目的を遂行するためになら、多少の犠牲者がいたとしても
大手を振って王道を進むむことが許されるのでしょうか?
矛盾したおかしな話しです。目の前にある命も大事なはず。
大人の犠牲にだけは、また大人の間違いにこどもを巻き込んでは
なりませんね★
by スマイル (2010-06-30 19:56) 

えんや

今、、、問われているは私たち大人です、、、これまでの戦後政府の軍事的な既成事実の積み重ねが、、、沖縄に象徴されています。
何事にも、、、もう遅い・もうだめだ、、、ってことはない、、、今が・気づいた時をスタ-トに出来ると思います。
先の参議院選挙に活かせると思います、、、戦争のない・戦争をしない平和の日本を目指して、、、。
by えんや (2010-06-30 20:22) 

ulyssenardin36000

強いものが正しい・・・・・そんな無茶がこの当時からあったんですね!
by ulyssenardin36000 (2010-06-30 21:10) 

hayama55

こんばんは。
飛行機が教室に飛び込んだ、本当に悲しいですね。
でも日本の飛行機が飛び込んだという話は
ほとんど聞かない。なぜでしょう。
日本(自衛隊)のパイロットは自分の命を失っても、
最後まで他者を犠牲にしないよう一生懸命努力した、
という話は結構聞くのですが。
自衛隊の宣伝だ、というのはたやすいですが。
by hayama55 (2010-06-30 21:52) 

吉之輔

お早うさんです、確かに、戦わなければ為らないことも
有るでしょyが、戦争の悲惨さをこの身で味わった私は
戦争は人類をやがて滅ぼすでしょう。子供たちやその子孫
の為、戦争は否定します、かって、管さんが、”沖縄は独立
されたら”と,口にされたことを思い出してください。
悔しいですね。

by 吉之輔 (2010-07-01 09:48) 

吉之輔

こんにちは、お訪ね頂きコメント有難う、あの方は
市民派と言いながら,実は中国,北朝鮮に似たイデオロギー
をお持ちの方ですから行く末が危惧されますね。
梅雨時お体大切にね。
by 吉之輔 (2010-07-01 11:59) 

エコピーマン

戦争は 弱いものが犠牲になるものです
極限状態 常識は通用しないし 手段も選ばない
惨殺 虐殺 殺るか殺られるかですから

沖縄では 兵士による強姦・殺人も日本の法律で裁けない事実が
ありまあしたね あの兵士達はどうなったのでようか・・・ 
by エコピーマン (2010-07-01 17:19) 

つなみ

恐ろしい。。二度とあってはいけないこと、それが戦争。
生きてる今が一番大事。
もっともっと、平和の本質をみつめなくては。
被爆国なのだから・・。そう思いました。
by つなみ (2010-07-01 21:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。