So-net無料ブログ作成

それがぼくにとっては永久にわすれないことです。 [広島]

P5022044.JPG
P5022057.JPG

今回の広島への旅で出会った作文。

5歳の時に広島で被爆した少年が小学校6年生の時に書いた作文です。

母の日に。
是非お読み下さい。

*******

 ある夏のきもちのいい朝、ぼくは朝早くおきてあそんでいると、お母さんがよばれたのではしっていってみると、お母さんとおじいさんが供出するじゃがいもをよっておられました。
 僕は「お母ちゃんなにかよう。」ときくと、お母さんは「いいえ、用ではないが、どういうことがあるかわからないから、ここで遊びなさい。」とやさしくいわれました。僕は元気のいい返事をして、そばでじゃがいもをわるさしていると、お母さんがまた「けんちゃん、わるいのは食べられないので、片栗を作るから、わるいのをよってちょうだい。」といわれれたので、僕は一生けんめいでわるいのをよりだしていた。そのとき、パッとまぶしい光が目にはいったと同時にお母さんが「アッ」といって、ぼくをだいてかげにはいられた。
 するとそのとき、ドガーンというものすごい音に僕はふるえあがった。お母さんは僕をだいたまま防空ごうにかけこんで、ぼくをおいてまた外へでられました。僕がしらないあいだに、うちのうらがやけあとになっていました。
 そのあとちょっと外をのぞいてみると、そとはあめが降っていました。ぼくが中にはいってみると、みんなが僕の顔をみるので、「どうしたの。」ときくと、黒いものがついているといわれたので、手をみてみると黒くなっている。僕はびっくりしてそこをこすると、水のような感じがしたので、よくみてみるとやはり水だった。そこではじめて気がついた。黒い雨だったのだ。みんな油だろうといっていた。
 それから何日かたって、お母さんがガスのためびょうきにかかってしまわれました。
 ある日の夜「けんちゃん、けんちゃん。」というこえに目をさましました。おじいさんが「お母さんがしんじゃったんじゃよ。」といわれた時、僕はこのとき急に不幸になったような気がした。
 小学校にはいる入学しきがあったとき、僕がお母さんの所へいくと、お母さんはなみだをこぼしてよろこばれました。
 それがぼくにとっては永久にわすれないことです。

広島ピアノは下記HPで視聴できます。
広島ピアノ : http://www.myspace.com/hiropiano
nice!(163)  コメント(16)  トラックバック(0) 

nice! 163

コメント 16

MIKE

ゴメン;切なくて何も書き込めない・・
by MIKE (2010-05-08 13:23) 

hatumi30331

私は昭和30年まれです。その私が今でも忘れられない事の一つに
10才の頃だと思いますが・・・テレビで広島の原爆投下当時の記録フイルムが流れました。
やけどで、ただれた人たちが写り、川や、街のひどい様子・・・・
その頃子どもだった私は、恐いのと、何だかわからない怒りでいっぱいになり、未だにその時の映像と自分の感情が忘れられません。
戦争は最大の人権侵害です!
いつか必ず、地球が平和になることを祈っています。
by hatumi30331 (2010-05-08 13:49) 

nano

戦争のせいで、母の日を悲しく迎える子供を
これ以上増やしてはいけませんね
by nano (2010-05-08 15:23) 

cjlewis

切ないですね。
この子は、かなり知能レベルが高い子なんでしょう。
とっても理性的な文章です。
だから、なおさら、切ないです。
by cjlewis (2010-05-08 21:38) 

youzi

広島も長崎も原爆記念館には行っていますが、
本当に悲しい思いをする場所ですよね。
原爆、子供にとっても一瞬にして
幸せを奪ったものなんですね。
by youzi (2010-05-08 21:42) 

nyankome

辛い体験を淡々と語るような作文ですが、一つ一つの言葉に重みがあります。真実は重いです。
by nyankome (2010-05-09 01:55) 

ponnta1351

被爆体験者がすっかり居なくなったら誰がこのおぞましい、悲惨な、言葉では言い尽くすことが出来ない出来事を後世に伝えて行くのでしょうね。
活字や映像で残って居ても、訴える物がやはり違いますよね。ドンドン忘れられて仕舞うのが怖くて悲しいです。
by ponnta1351 (2010-05-09 16:11) 

スマイル

こんにちは
この少年のように、一瞬にして奪われた幸せ~
彼の責任ではないのに・・・
毎年母の日を喜びとして迎えられる私ができることは
心に刻みこの事実を、伝えることです。

by スマイル (2010-05-09 17:27) 

Rinko

非常に苦しい作文です。
胸がしめつけられる思いです。

どんな事があっても、こうした何の罪もない親子が悲しい別れをしなければならない戦争はあってはならない。
原点へ戻るような気持ちです。

by Rinko (2010-05-10 07:26) 

みうさぎ

こんにちわ
胸が痛み熱くなります
世界は平和でなくては
子供の胸に傷は残してはいけません
親を奪うなんて
許されません 被ばく日本
平和で有り続けるべきです
もう悲しい事は繰り返すことなかれ
by みうさぎ (2010-05-10 10:32) 

miyukimono

親孝行……したい気持ちはあるのに今できてないです。

by miyukimono (2010-05-10 12:49) 

asa

あえて言うのですが
「ヒロシマ」の思想って」なんでしょうね。
私はいつもそう思うのです。
オキナワやイラクやアフガンが見えてこない「ヒロシマ」の思想…

by asa (2010-05-10 17:13) 

takko

訪問してくださりおおきにです。
リアルな作文ですね…「黒い雨」はキツかったやろなぁ‥。
by takko (2010-05-10 18:31) 

未来

何の権利があって非戦闘員である人々を殺すのでしょう・・・。
無差別爆撃といい、自国の兵士の損害を少なくするためだとか・・・
民主主義の国アメリカのすることが理解できません。
自国の人いがいは人間ではないのでしょうか???

広島ピアノさん、ぼくのブログの「ピカドン」を読んで欲しいです。

by 未来 (2010-05-11 08:45) 

RobertCole

何人の子供たちが同じ文章を書いたのでしょう
そして今も多くの国で・・・
by RobertCole (2010-05-16 00:54) 

chako

何十万もの殺傷力。
これは、世界でたった一人のお母さんを奪うのですね。
by chako (2010-05-17 08:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。